住宅の機能をあげるリフォームを行おう

実績のすごい業者

大規模修繕計画と専門業者選び

マンションも竣工後10年も経過すると、建物の各所で塗装が削れたり、階段や通路などの利用頻度の高い部分にひび割れや傷みが見られるようになります。これは、区分所有者やマンションの管理組合が大規模修繕を検討する時期です。マンションは、修繕を行なうことで耐用年数を延長できたり、資産価値の回復あるいは維持ができます。区分所有者の同意のもと、大規模修繕を断行することになったら、まずは複数の専門業者に修繕箇所の調査および見積りを依頼します。専門業者が複数である理由は、複数から一番安心な業者を選べることと、業者間で価格競争をさせることで工事費用を圧縮できるからです。また、業者の最近の実績も重要な選定要素になります。専門業者が決定したら、見積り金額と相談して修繕範囲を決定します。

利子補給などの優遇を受けられる場合もある

大規模修繕にかかる費用は区分所有者から毎月、徴収している修繕積立金を充当しますが、区分所有者の少ない小規模マンションでは、予算が足りない事態になることが多いです。予算内であっても、他の目的に備えて積立金を全額使用しないこともあります。そのため、修繕積立金の値上げや臨時で徴収するなど、区分所有者の負担が発生します。個人の住宅ローンやリフォームの場合と同じで、マンション管理組合が大規模修繕を目的とした資金融資を受ける場合は、金融機関によって低利率で借り入れを受けることが可能です。また、地方自治体によっては、利子補給制度を受けられるところもあります。通常は、管理組合が健全なマンション運営を行なっているなら問題ありません。